起動中のウィンドウを列挙

// EnumWindows().cpp :

アプリケーションのエントリ ポイントを定義します。
//

#include "stdafx.h"
#include "EnumWindows().h"

#define MAX_LOADSTRING 100

// グローバル変数:
HINSTANCE hInst; // 現在のインターフェイス
TCHAR szTitle[MAX_LOADSTRING]; // タイトル バーのテキスト
TCHAR szWindowClass[MAX_LOADSTRING]; // メイン ウィンドウ クラス名

// このコード モジュールに含まれる関数の宣言を転送します:
ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance);
BOOL InitInstance(HINSTANCE, int);
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
INT_PTR CALLBACK About(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

int APIENTRY _tWinMain(HINSTANCE hInstance,
HINSTANCE hPrevInstance,
LPTSTR lpCmdLine,
int nCmdShow)
{
UNREFERENCED_PARAMETER(hPrevInstance);
UNREFERENCED_PARAMETER(lpCmdLine);

// TODO: ここにコードを挿入してください。
MSG msg;
HACCEL hAccelTable;

// グローバル文字列を初期化しています。
LoadString(hInstance, IDS_APP_TITLE, szTitle, MAX_LOADSTRING);
LoadString(hInstance, IDC_ENUMWINDOWS, szWindowClass, MAX_LOADSTRING);
MyRegisterClass(hInstance);

// アプリケーションの初期化を実行します:
if (!InitInstance (hInstance, nCmdShow))
{
return FALSE;
}

hAccelTable = LoadAccelerators(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDC_ENUMWINDOWS));

// メイン メッセージ ループ:
while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0))
{
if (!TranslateAccelerator(msg.hwnd, hAccelTable, &msg))
{
TranslateMessage(&msg);
DispatchMessage(&msg);
}
}

return (int) msg.wParam;
}

BOOL CALLBACK EnumWindowsProc(HWND hwnd , LPARAM lp) {
TCHAR strWindowText[1024];
GetWindowText(hwnd , strWindowText , 1024);
if (strWindowText[0] == 0) return TRUE;

SendMessage((HWND)lp , LB_ADDSTRING , 0 , (long)strWindowText);
return TRUE;
}

//
// 関数: MyRegisterClass()
//
// 目的: ウィンドウ クラスを登録します。
//
// コメント:
//
// この関数および使い方は、'RegisterClassEx' 関数が追加された
// Windows 95 より前の Win32 システムと互換させる場合にのみ必要です。
// アプリケーションが、関連付けられた
// 正しい形式の小さいアイコンを取得できるようにするには、
// この関数を呼び出してください。
//
ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance)
{
WNDCLASSEX wcex;

wcex.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);

wcex.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
wcex.lpfnWndProc = WndProc;
wcex.cbClsExtra = 0;
wcex.cbWndExtra = 0;
wcex.hInstance = hInstance;
wcex.hIcon = LoadIcon(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_ENUMWINDOWS));
wcex.hCursor = LoadCursor(NULL, IDC_ARROW);
wcex.hbrBackground = (HBRUSH)(COLOR_WINDOW+1);
wcex.lpszMenuName = MAKEINTRESOURCE(IDC_ENUMWINDOWS);
wcex.lpszClassName = szWindowClass;
wcex.hIconSm = LoadIcon(wcex.hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_SMALL));

return RegisterClassEx(&wcex);
}

//
// 関数: InitInstance(HINSTANCE, int)
//
// 目的: インスタンス ハンドルを保存して、メイン ウィンドウを作成します。
//
// コメント:
//
// この関数で、グローバル変数でインスタンス ハンドルを保存し、
// メイン プログラム ウィンドウを作成および表示します。
//
BOOL InitInstance(HINSTANCE hInstance, int nCmdShow)
{
HWND hWnd;

hInst = hInstance; // グローバル変数にインスタンス処理を格納します。

hWnd = CreateWindow(szWindowClass, szTitle, WS_OVERLAPPEDWINDOW,
600, 0, 800, 900, NULL, NULL, hInstance, NULL);

if (!hWnd)
{
return FALSE;
}

ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
UpdateWindow(hWnd);

return TRUE;
}

//
// 関数: WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM)
//
// 目的: メイン ウィンドウのメッセージを処理します。
//
// WM_COMMAND - アプリケーション メニューの処理
// WM_PAINT - メイン ウィンドウの描画
// WM_DESTROY - 中止メッセージを表示して戻る
//
//
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
int wmId, wmEvent;
PAINTSTRUCT ps;
HDC hdc;

static HWND hList;

switch (message)
{
case WM_CREATE:
hList = CreateWindow(
TEXT("LISTBOX") , NULL ,
WS_CHILD | WS_VISIBLE | LBS_STANDARD ,
0 , 0 , 400 ,600 , hWnd , (HMENU)1 ,
((LPCREATESTRUCT)(lParam))->hInstance , NULL
);
EnumWindows(EnumWindowsProc , (LPARAM)hList);

case WM_COMMAND:
wmId = LOWORD(wParam);
wmEvent = HIWORD(wParam);
// 選択されたメニューの解析:
switch (wmId)
{
case IDM_ABOUT:
DialogBox(hInst, MAKEINTRESOURCE(IDD_ABOUTBOX), hWnd, About);
break;
case IDM_EXIT:
DestroyWindow(hWnd);
break;
default:
return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
}
break;
case WM_PAINT:
hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
// TODO: 描画コードをここに追加してください...
EndPaint(hWnd, &ps);
break;
case WM_DESTROY:
PostQuitMessage(0);
break;
default:
return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
}
return 0;
}

// バージョン情報ボックスのメッセージ ハンドラーです。
INT_PTR CALLBACK About(HWND hDlg, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
UNREFERENCED_PARAMETER(lParam);
switch (message)
{
case WM_INITDIALOG:
return (INT_PTR)TRUE;

case WM_COMMAND:
if (LOWORD(wParam) == IDOK || LOWORD(wParam) == IDCANCEL)
{
EndDialog(hDlg, LOWORD(wParam));
return (INT_PTR)TRUE;
}
break;
}
return (INT_PTR)FALSE;
}

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください