カレント行の枠線の描画等

(1) カレント行の枠線の描画について
カレント行の枠線はCurrentRowBorderLineプロパティを使用して設定
できます。

具体的な方法については、下記のサンプルコードをご参照ください。

また、製品ヘルプの下記項目やナレッジ文書もご参考にしていただけ
れば幸いです。

【製品ヘルプ 目次】
PowerTools MultiRow for Windows Forms 7.0J
+MultiRowの使い方
+行とセル
+現在の行

ナレッジベース(文書番号:34459)
現在の行を点線で強調表示するには?
http://www.grapecity.com/tools/support/kb/?id=34459

(2) コンボボックス型セルのドロップダウンボタンの表示について

GcComboBoxCell型セルのSideButton.Visibleプロパティを
“ShowForCurrentCell”に設定することで、ご希望の動作にできます。

(3) コンボボックス型セルでの項目の選択について

GcComboBoxCell型セルのオートフィルタの機能を使うことで、ご希望の
動作を実現することが可能です。下記のサンプルコードで動作を
ご確認いただけますでしょうか。

なお、オートフィルタ機能の詳細な設定については、製品ヘルプの下記の
項目をご参照くださいますようお願い申し上げます。

【製品ヘルプ 目次】
PowerTools MultiRow for Windows Forms 7.0J
+InputManCellの使い方
+GcComboBoxCell
+オートコンプリートとオートフィルタ

【サンプルコード】

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
using GrapeCity.Win.MultiRow;
using GrapeCity.Win.MultiRow.InputMan;

namespace M160105042
{
public partial class Form1 : Form
{
public Form1()
{
InitializeComponent();
}

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
// テキストボックス型セルの作成
TextBoxCell textCell = new TextBoxCell();
textCell.Name = "textCell";

// コンボボックス型セルの作成
GcComboBoxCell comboCell = new GcComboBoxCell();
comboCell.Name = "comboCell";
comboCell.Items.Add(new ListItem(new object[] { "買掛金", "kaikake" }));
comboCell.Items.Add(new ListItem(new object[] { "現金", "genkin" }));
comboCell.Items.Add(new ListItem(new object[] { "貸付金", "kasituke" }));
comboCell.Items.Add(new ListItem(new object[] { "売掛金", "urikake" }));
comboCell.ListColumns.Add("Name");
comboCell.ListColumns.Add("Yomi");
comboCell.TextSubItemIndex = 0;
comboCell.ValueSubItemIndex = 0;
comboCell.DropDown.Width = 120;
// 候補の絞り込み
comboCell.DropDownStyle = MultiRowComboBoxStyle.DropDown;
comboCell.AutoFilter.Enabled = true;
comboCell.AutoFilter.MatchingMode = GrapeCity.Win.Editors.AutoCompleteMatchingMode.AmbiguousMatchStartWith;
comboCell.AutoFilter.MatchingSource = GrapeCity.Win.Editors.FilterMatchingSource.AllSubItems;
// カレントセルのドロップダウンボタンだけを表示
comboCell.SideButtons[0].Visible = CellButtonVisibility.ShowForCurrentCell;

// MultiRowの設定
gcMultiRow1.Template = Template.CreateGridTemplate(new Cell[] { textCell, comboCell });
gcMultiRow1.RowCount = 10;
gcMultiRow1.ViewMode = ViewMode.Row;

// カレント行の枠線の設定
gcMultiRow1.CurrentCellBorderLine = GrapeCity.Win.MultiRow.Line.Empty;
gcMultiRow1.CurrentRowBorderLine = new GrapeCity.Win.MultiRow.Line(LineStyle.Medium, Color.Black);

}

}
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください