ボタンを押すとリストボックス、テキストボックスに文字列追加

親ウィンドウを見付けるときは引数としてクラス名とキャプションを与えるが
次のようにどれかひとつでも可能。

hWnd = FindWindow(TEXT("Notepad"),NULL);

hWnd = FindWindow(NULL,TEXT("無題 - メモ帳"));

hWnd = FindWindow(TEXT("Notepad"),TEXT("無題 - メモ帳"));

hWnd3=FindWindowEx(hWnd2,NULL ,"Edit",NULL);

hWnd2=FindWindowEx(hWnd2,NULL ,"WindowsForms10.EDIT.app.0.2bf8098_r11_ad1",NULL);//

hWnd23=FindWindowEx(hWnd2,NULL ,"WindowsForms10.EDIT.app.0.2bf8098_r11_ad1","");//

// TT.cpp : アプリケーションのエントリ ポイントを定義します。
//

#include "stdafx.h"
#include "TT.h"

#define MAX_LOADSTRING 100

#define ID_BUTTON 100
#define ID_EDIT 65

LPCTSTR strText[] = {
TEXT("Kitty on your lap") ,
TEXT("Tokyo mew mew") ,
TEXT("Magical nyan nyan TARUTO") ,
TEXT("Di Gi Charat") ,
TEXT("Nekoneko Zoo")
};

// グローバル変数:
HINSTANCE hInst; // 現在のインターフェイス
TCHAR szTitle[MAX_LOADSTRING]; // タイトル バーのテキスト
TCHAR szWindowClass[MAX_LOADSTRING]; // メイン ウィンドウ クラス名

// このコード モジュールに含まれる関数の宣言を転送します:
ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance);
BOOL InitInstance(HINSTANCE, int);
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
INT_PTR CALLBACK About(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

int APIENTRY _tWinMain(HINSTANCE hInstance,
HINSTANCE hPrevInstance,
LPTSTR lpCmdLine,
int nCmdShow)
{
UNREFERENCED_PARAMETER(hPrevInstance);
UNREFERENCED_PARAMETER(lpCmdLine);

// TODO: ここにコードを挿入してください。
MSG msg;
HACCEL hAccelTable;

// グローバル文字列を初期化しています。
LoadString(hInstance, IDS_APP_TITLE, szTitle, MAX_LOADSTRING);
LoadString(hInstance, IDC_TT, szWindowClass, MAX_LOADSTRING);
MyRegisterClass(hInstance);

// アプリケーションの初期化を実行します:
if (!InitInstance (hInstance, nCmdShow))
{
return FALSE;
}

hAccelTable = LoadAccelerators(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDC_TT));

// メイン メッセージ ループ:
while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0))
{
if (!TranslateAccelerator(msg.hwnd, hAccelTable, &msg))
{
TranslateMessage(&msg);
DispatchMessage(&msg);
}
}

return (int) msg.wParam;
}

//
// 関数: MyRegisterClass()
//
// 目的: ウィンドウ クラスを登録します。
//
// コメント:
//
// この関数および使い方は、'RegisterClassEx' 関数が追加された
// Windows 95 より前の Win32 システムと互換させる場合にのみ必要です。
// アプリケーションが、関連付けられた
// 正しい形式の小さいアイコンを取得できるようにするには、
// この関数を呼び出してください。
//
ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance)
{
WNDCLASSEX wcex;

wcex.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);

wcex.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
wcex.lpfnWndProc = WndProc;
wcex.cbClsExtra = 0;
wcex.cbWndExtra = 0;
wcex.hInstance = hInstance;
wcex.hIcon = LoadIcon(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_TT));
wcex.hCursor = LoadCursor(NULL, IDC_ARROW);
wcex.hbrBackground = (HBRUSH)(COLOR_WINDOW+1);
wcex.lpszMenuName = MAKEINTRESOURCE(IDC_TT);
wcex.lpszClassName = szWindowClass;
wcex.hIconSm = LoadIcon(wcex.hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_SMALL));

return RegisterClassEx(&wcex);
}

//
// 関数: InitInstance(HINSTANCE, int)
//
// 目的: インスタンス ハンドルを保存して、メイン ウィンドウを作成します。
//
// コメント:
//
// この関数で、グローバル変数でインスタンス ハンドルを保存し、
// メイン プログラム ウィンドウを作成および表示します。
//
BOOL InitInstance(HINSTANCE hInstance, int nCmdShow)
{
HWND hWnd;

hInst = hInstance; // グローバル変数にインスタンス処理を格納します。

hWnd = CreateWindow(szWindowClass, szTitle, WS_OVERLAPPEDWINDOW,
CW_USEDEFAULT, 0, CW_USEDEFAULT, 0, NULL, NULL, hInstance, NULL);

if (!hWnd)
{
return FALSE;
}

ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
UpdateWindow(hWnd);

return TRUE;
}

static HWND sortList , nonSortList;

void AddListString(){
int i;
for (i = 0 ; i < 5 ; i++) SendMessage(sortList , LB_ADDSTRING , 0 , (LPARAM)strText[i]); } // // 関数: WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM) // // 目的: メイン ウィンドウのメッセージを処理します。 // // WM_COMMAND - アプリケーション メニューの処理 // WM_PAINT - メイン ウィンドウの描画 // WM_DESTROY - 中止メッセージを表示して戻る // // LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam) { int wmId, wmEvent; PAINTSTRUCT ps; HDC hdc; static HWND hBtn, hEdit; int i; switch (message) { case WM_CREATE: sortList = CreateWindow( TEXT("LISTBOX") , NULL , WS_CHILD | WS_VISIBLE | LBS_STANDARD , 0 , 0 , 200 , 100 , hWnd , (HMENU)1 , ((LPCREATESTRUCT)(lParam))->hInstance , NULL
);
for (i = 0 ; i < 5 ; i++)
SendMessage(sortList , LB_ADDSTRING , 0 , (LPARAM)strText[i]);
// エディットコントロールを作成
hEdit = CreateWindow(TEXT("EDIT"), TEXT(""),
WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_BORDER | ES_AUTOHSCROLL,
300, 10, 200, 25, hWnd, (HMENU)ID_EDIT, hInst, NULL);
// ボタンを作成
hBtn = CreateWindow(TEXT("BUTTON"), TEXT("押す"),
WS_CHILD | WS_VISIBLE, 285, 45, 50, 30,
hWnd, (HMENU)ID_BUTTON, hInst, NULL);
// エディットコントロールにフォーカスを与える
SendMessage(hEdit, EM_SETLIMITTEXT, (WPARAM)63, 0);

case WM_COMMAND:
wmId = LOWORD(wParam);
wmEvent = HIWORD(wParam);
// 選択されたメニューの解析:
switch (wmId)
{
case ID_BUTTON:
/*GetWindowText(hEdit, szBuf, 64);
MessageBox(hWnd, szBuf,
TEXT("猫でもわかるコントロール"), MB_OK);*/
SetWindowText(hEdit, _T("ddddddddddd456 oooおおお"));
AddListString();
break;
case IDM_ABOUT:
DialogBox(hInst, MAKEINTRESOURCE(IDD_ABOUTBOX), hWnd, About);
break;
case IDM_EXIT:
DestroyWindow(hWnd);
break;
default:
return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
}
break;
case WM_PAINT:
hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
// TODO: 描画コードをここに追加してください...
EndPaint(hWnd, &ps);
break;
case WM_DESTROY:
PostQuitMessage(0);
break;
default:
return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
}
return 0;
}

// バージョン情報ボックスのメッセージ ハンドラーです。
INT_PTR CALLBACK About(HWND hDlg, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
UNREFERENCED_PARAMETER(lParam);
switch (message)
{
case WM_INITDIALOG:
return (INT_PTR)TRUE;

case WM_COMMAND:
if (LOWORD(wParam) == IDOK || LOWORD(wParam) == IDCANCEL)
{
EndDialog(hDlg, LOWORD(wParam));
return (INT_PTR)TRUE;
}
break;
}
return (INT_PTR)FALSE;
}

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください