コンボボックス等の入力等

列ヘッダセクションに配置したセルを編集するための設定

 

列ヘッダセクションや列フッタセクションに配置したセルは、5.0J との互換性のため既定では編集が許可されません。たとえば、文字列型セルを列ヘッダに配置して実行しても、既定の状態では選択や入力ができません。

列ヘッダセクションや列フッタセクションに配置したセルの編集を許可するには、次の設定を行います。

1.Section.ReadOnly プロパティを False にする。

 

2.Section.Selectable プロパティを True にする。

 

加えて、もし特定のセルで選択や入力ができない場合は次のプロパティを確認します。

?Cell.ReadOnly プロパティを False にする。

 

?Cell.Selectable プロパティを True にする。

 

セル型がもともとユーザーによる入力をサポートしていない場合は、列ヘッダセクションや列フッタセクションに配置した場合も同様に入力できません。

 

 

テンプレートでコラムを選択するとプロパティに出る。!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください