コンボボックスセルにDBから値を入れる

//コンボボックスに追加する項目となるクラスの定義

public class MyComboBoxItem

{

private int m_id;

private string m_name = "";

//実際の値

//(ValueMemberに設定する文字列と同名にする)

public int ID

{

set

{

m_id = value;

}

get

{

return m_id;

}

}



//表示名称

//(DisplayMemberに設定する文字列と同名にする)

public string NAME

{

set

{

m_name = value;

}

get

{

return m_name;

}

}

}





List<MyComboBoxItem> comboListSend = new List<MyComboBoxItem>();



List<MyComboBoxItem> comboListPay = new List<MyComboBoxItem>();



MyComboBoxItem mySourceSend;

MyComboBoxItem mySourcePay;



var.dbComb = Func.DbConect(Application.StartupPath + "\\userData.mdb", "koumoku", "");







foreach (DataRowView drv in var.dbComb.View)

{

mySourceSend = new MyComboBoxItem();

mySourcePay = new MyComboBoxItem();

mySourcePay.ID = mySourceSend.ID = Convert.ToInt32(drv["id"]);

mySourceSend.NAME = drv["send"].ToString();

mySourcePay.NAME = drv["pay"].ToString();

comboListSend.Add(mySourceSend);

comboListPay.Add(mySourcePay);



}









// 種別のドロップダウンリストの設定

ComboBoxCell comboBoxCell = template1.Row.Cells["comboBoxCell1"] as ComboBoxCell;

//コンボボックスの項目の元となるデーターベース

comboBoxCell.DataSource = comboListSend;

//元となるデーターベースのどのコラムをプルダウンに表示させるか

comboBoxCell.DisplayMember = "NAME";

// 親となるデータベースと連携するための元となるデーターベースの項目

//ここが1とか2になっている。

comboBoxCell.ValueMember = "ID";

//親となるデータベースのどの項目と連携させるか

//ここが1とか2になっている。

comboBoxCell.DataField = "postMethod";

// comboBoxCell.Style.BackColor = Color.Red;

// comboBoxCellに色を付ける

comboBoxCell.DropDownStyle = MultiRowComboBoxStyle.DropDown;

comboBoxCell.FlatStyle = FlatStyle.Flat;



// gcMultiRow1.Rows[0].Cells["comboBoxCell1"].Style.BackColor = Color.Red;







// 種別のドロップダウンリストの設定

ComboBoxCell comboBoxCell2 = template1.Row.Cells["comboBoxCell2"] as ComboBoxCell;

//コンボボックスの項目の元となるデーターベース

//  comboBoxCell2.DataSource = comboTable.CreatePayData();



comboBoxCell2.DataSource = comboListPay;

//元となるデーターベースのどのコラムを表示させるか

comboBoxCell2.DisplayMember = "NAME";

// 親となるデータベースと連携するために元となるデーターベースの項目

comboBoxCell2.ValueMember = "ID";

//親となるデータベースのどの項目と連携させるか

comboBoxCell2.DataField = "payMethod";

// comboBoxCell.Style.BackColor = Color.Red;

// comboBoxCellに色を付ける

comboBoxCell2.DropDownStyle = MultiRowComboBoxStyle.DropDown;

comboBoxCell2.FlatStyle = FlatStyle.Flat;







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください